忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕は司馬遼太郎ファンです。

司馬氏の著書はかなりたいらげている。

僕が死ぬまで

読み切れないくらいの著書を

なぜ残してくれなかったのかと思うほど。

時代小説を書く作家は他に

遠藤周作、

神坂次郎、

新田次郎、

隆慶一郎も好きだけど

司馬氏が断然いい。

司馬氏がスポットをあてた人物は

その人物の人間性はもとより

舞台の時代の風俗、

習慣、

風景、

人間関係をも含めて

生々しく微に入り細に入り

再現してしまう。

司馬氏は

複雑で捉えにくいといわれる

徳川家康の人間性を、

「極限にまで

‘私’を押さえ込むことにより

コントロールし

自らの存在を

個人としてではなく

徳川家のシンボリックな

ひとつの機関とする」

と分析する。

家康が戦国期の武将の中で

長寿でありえたのは

保険衛生健康に

医者よりも豊富な知識と

経験があっためというのも面白い。

戦場での戦法や

国内の統治は武田信玄を、

調略は秀吉を

徹底的に模倣したのは

独創性がない性質だった

ためというのも以外だった。

三方ヶ原で

武田信玄に散々に蹴散らされた様や、

小牧長久手で

秀吉の遊撃隊を

木っ端微塵に打ち破ったとこは

まさに痛快!

秀吉の中央政権に対して

当時まだ

いち地方統治者でしかなかった家康が

数倍の兵力の秀吉軍に

一歩もひかず堂々と渡り合ったくだりは、

織田信雄の裏切りにより

合戦は有耶無耶になるものの

その緊張感はぶるぶるくるところ。

三河武士の

一枚岩のような結束力と

三河武士一人に上方勢三人

といわれた三河武士の勇猛さには

もうやんややんやでした。

仕事も手につかないくらい

貪り読んじゃいました。



 

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[509] [517] [516] [525] [540] [531] [529] [528] [527] [555] [553]
犬猫レスキュー&里親募集
いつでも里親募集中


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
メール問い合わせフォーム
バーコード
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone