忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

伊羅保と黒釉は

鯵ポタ屋にとってなくてはならない釉薬。

それは僕の窯に理由があります。

普段、僕の窯の最高温度は

1250℃〜1270℃、

SK8〜SK9くらいでしょうか。

これは窯の中でも

温度計のある真ん中くらいの温度です。

窯は温度ムラというのがありまして

窯の中のすべてが同じ温度というわけではなく

下と上とではかなりの違いがでます。

窯の性格によって誤差は様々ですが

僕の窯では1250℃で焼成した場合

上は1265℃前後。

下は1235℃前後にしかなりません。

1250℃で熔ける釉薬が

1230℃では熔けないということはよくあることなんです。

そこで1230℃でも熔ける釉薬を入れるんです。

その釉薬が鯵ポタ屋では伊羅保と黒釉。

070906 (4).JPG

どちらも珪酸分が少なく流れやすい性質。

熔けやすいです。

070729 (1).JPG

僕の窯は1250℃で焼成する場合

1270℃に耐えられる釉薬と

1230℃でも熔ける釉薬が

同時に必要になります。

窯の中になるべくたくさん器を詰め込んで

なるべくロスを少なくするための工夫です。

大なり小なり皆さんも

似たようなものじゃないかと思うんですが

どうでしょうか。




◇web+shopを近日オープンいたします。

銀行との取引の関係上

仮オープンという形で品揃えはまだまだ。

本格オープンにはもうしばらく

かかりそうではありますが

これを記念してプレゼント企画を計画中です。

期待しすぎず乞うご期待です。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[221] [220] [219] [218] [217] [216] [215] [214] [213] [212] [21]
犬猫レスキュー&里親募集
いつでも里親募集中


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
メール問い合わせフォーム
バーコード
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone