忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

080304 (8).JPG


この茶碗は赤松の灰をアク抜きして

長石と珪石を足しただけの釉薬なんですが

窯の温度管理を工夫すると

面白いことになります。

僕の窯は電気窯で酸化焼成のみなんですが

窯が最高温度に達して

ねらしが終わった時点で焼成を終了すると

釉調は光沢になります。

窯が最高温度に達して

ねらしが終わってから冷まし方を工夫すると

釉調はマットになります。

釉薬の水分調整でも釉調に凄い差がでます。

施釉方法でもいろんな違いが出ます。

面白いですね。

おなじものなのに手の加え方で

結果は全く違うものになるんです。


080304 (6).JPG

この高台は土見せになってますが

最近は土見ずにしてるんです。

いずれそっちも紹介したいです。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[213] [212] [21] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204] [253]
犬猫レスキュー&里親募集
いつでも里親募集中


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
メール問い合わせフォーム
バーコード
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone